• TOP
  • >
  • 企業情報
  • >
  • 沿革
沿革
1964年11月
埼玉県秩父市において、柱時計・置時計を主とした腕時計が1本も無い小さな個人経営店舗「秩父の和光」を開店(創業)。
1965年1月
株式会社秩父の和光を設立。代表取締役澤田信三。
1972年5月
埼玉県浦和市にメガネ店をオープンし、メガネ専門店チェーン化の第一歩を踏み出す。
1974年7月
株式会社秩父の和光を商号変更し、アイ第一株式会社に変更。
1982年3月
栃木県宇都宮市に店舗オープンを機に、アイ第一株式会社の商号を取扱商品と地域名を加味し、アイメガネ栃木株式会社に変更。
1986年10月
アイメガネ栃木株式会社にアイグループ各社を吸収合併し、商号をアイメガネジャパン株式会社とする。同時に、本店を埼玉県大宮市浅間町に移転する。
1988年8月
静岡県伊東市の株式会社伊豆健康センターを承継し、東洋医学に裏づけされた健康サービスの提供を開始。総合健康産業への事業展開をスタートする。
1990年4月
株式会社伊豆健康センターをアイメガネジャパン株式会社へ合併。
1993年9月
第2次経営情報総合管理システムとしての「アイPOSオンライン総合管理システム」を完成。
1993年11月
エヌ・ティ・ティ移動通信網(株)と一次代理店契約を締結し、通信事業への一歩を踏み出す。
1994年6月
埼玉県越谷市にドコモショップ1号店として「ドコモショップ越谷店」オープンする。
1994年12月
創業30周年を契機に、埼玉県大宮市宮原町に本社ビルを建設し、本社を移転するとともに、商号をアイジャパン株式会社に変更し、総合健康事業の推進を目指す。
1997年11月
代表取締役澤田信三は、前橋地方裁判所により、株式会社テレホンメガネ再建のため、更生事業管財人に選任され、同社の会社更生支援に着手する。
1998年9月
携帯電話の専門販売店として、アイメディア1号店「アイメディア西川口店」をオープンする。
2001年4月
前橋地方裁判所により株式会社テレホンメガネの更生計画が認可。
2001年8月
株式会社テレホンメガネを完全子会社とする。
2001年10月
株式会社テレホンメガネは商号をハートメガネ株式会社に変更する。
2003年4月
ハートメガネ株式会社37店舗の営業権を譲り受ける。同社は4月30日に更生計画が結了。
2005年7月
埼玉県八潮市に、auショップ1号店として「auショップ八潮」をオープンする。
2007年4月
代表取締役 社長に澤田泰行が就任。
2008年3月
株式会社ハヤブサドットコムとドコモ事業で業務提携をし、ドコモ本社契約広域代理店となる。
2009年4月
伊豆健康センターは従来からの断食コースに加えメタボ改善コースを設定し滞在型複合ウェルネス施設「アイウェルネス伊豆高原」としてリニューアルオープンする。
2009年8月
アイジャパン株式会社は通信事業部門を分離独立し、アイコミュニケーション株式会社を設立。
2012年4月
アイジャパン株式会社は健康関連事業のウェルネス事業部門を分離独立し、アイウェルネス株式会社を設立。
2012年4月
AG WAY(AI-GROUP WAY ”Our Credo”)初刊を発行する。
2012年10月
社長が講師を務めるアソシエイトの勉強会「あすなろ塾」を開講する。
2014年11月
創業50周年
2017年4月
社長が講師を務める若手アソシエイトを対象とした勉強会「双葉塾」を開講する。
2017年4月
アイジャパン株式会社はアイメガネのリブランディング店舗として栃木県宇都宮市に「アイメガネ宇都宮錦店」をオープンする。
2018年4月
アイコミュニケーション株式会社が2017年度 埼玉県経営品質協議会推進賞を受賞する。
2019年3月
アイコミュニケーション株式会社が2018年度 埼玉県経営品質協議会優秀賞を受賞する。
2020年11月
アイコミュニケーション株式会社が埼玉県健康経営実践事業所として認定される。
2021年3月
アイコミュニケーション株式会社が経済産業省 健康経営優良法人2021(大規模法人部門)として認定される。
1964年11月
埼玉県秩父市において、柱時計・置時計を主とした腕時計が1本も無い小さな個人経営店舗「秩父の和光」を開店(創業)。
1965年1月
株式会社秩父の和光を設立。代表取締役澤田信三。
1972年5月
埼玉県浦和市にメガネ店をオープンし、メガネ専門店チェーン化の第一歩を踏み出す。
1974年7月
株式会社秩父の和光を商号変更し、アイ第一株式会社に変更。
1982年3月
栃木県宇都宮市に店舗オープンを機に、アイ第一株式会社の商号を取扱商品と地域名を加味し、アイメガネ栃木株式会社に変更。
1986年10月
アイメガネ栃木株式会社にアイグループ各社を吸収合併し、商号をアイメガネジャパン株式会社とする。同時に、本店を埼玉県大宮市浅間町に移転する。
1988年8月
静岡県伊東市の株式会社伊豆健康センターを承継し、東洋医学に裏づけされた健康サービスの提供を開始。総合健康産業への事業展開をスタートする。
1990年4月
株式会社伊豆健康センターをアイメガネジャパン株式会社へ合併。
1993年9月
第2次経営情報総合管理システムとしての「アイPOSオンライン総合管理システム」を完成。
1993年11月
エヌ・ティ・ティ移動通信網(株)と一次代理店契約を締結し、通信事業への一歩を踏み出す。
1994年6月
埼玉県越谷市にドコモショップ1号店として「ドコモショップ越谷店」オープンする。
1994年12月
創業30周年を契機に、埼玉県大宮市宮原町に本社ビルを建設し、本社を移転するとともに、商号をアイジャパン株式会社に変更し、総合健康事業の推進を目指す。
1997年11月
代表取締役澤田信三は、前橋地方裁判所により、株式会社テレホンメガネ再建のため、更生事業管財人に選任され、同社の会社更生支援に着手する。
1998年9月
携帯電話の専門販売店として、アイメディア1号店「アイメディア西川口店」をオープンする
2001年4月
前橋地方裁判所により株式会社テレホンメガネの更生計画が認可。
2001年8月
株式会社テレホンメガネを完全子会社とする。
2001年10月
株式会社テレホンメガネは商号をハートメガネ株式会社に変更する。
2003年4月
ハートメガネ株式会社37店舗の営業権を譲り受ける。同社は4月30日に更生計画が結了。
2005年7月
埼玉県八潮市に、auショップ1号店として「auショップ八潮」をオープンする。
2007年4月
代表取締役 社長に澤田泰行が就任。
2008年3月
株式会社ハヤブサドットコムとドコモ事業で業務提携をし、ドコモ本社契約広域代理店となる。
2009年4月
伊豆健康センターは従来からの断食コースに加えメタボ改善コースを設定し滞在型複合ウェルネス施設「アイウェルネス伊豆高原」としてリニューアルオープンする。
2009年8月
アイジャパン株式会社は通信事業部門を分離独立し、アイコミュニケーション株式会社を設立。
2011年2月
眼鏡事業部が大宮ソニックシティにて第1回逸品特別内覧会を開催する。
2012年4月
アイジャパン株式会社は健康関連事業のウェルネス事業部門を分離独立し、アイウェルネス株式会社を設立。
2014年11月
創業50周年
2015年8月
メガネフレームを、自宅や店舗に取り寄せて試着ができる「アイメガネオムニサイト」をオープンする。
2017年1月
アイメガネの店舗と顧客連携したコンタクトレンズ通販サイト「アイコンタクト」をオープンする。
2017年4月
アイメガネのリブランディング店舗として栃木県宇都宮市に「アイメガネ宇都宮錦店」をオープンする。
2020年7月
株式会社NTTドコモが販売するMixed Realty(複合現実)対応製品「Magic Leap 1」の専用アタッチメント「度付きインサートレンズ」を専用サイトにて、販売を開始する。
1993年11月
(現アイジャパン株式会社が)エヌ・ティ・ティ移動通信網㈱と一次代理店契約を締結し、通信事業への一歩を踏み出す。
1994年6月
埼玉県越谷市にドコモショップ1号店として「ドコモショップ越谷店」をオープンする。
1995年7月
埼玉県春日部市に「ドコモショップ春日部店」をオープンする。
2003年10月
埼玉県越谷市に「ドコモスポット南越谷店」をオープンする。
2003年12月
埼玉県岩槻市に「ドコモスポット岩槻店」をオープンする。
2005年7月
田中電子㈱の二次代理店として、埼玉県八潮市にauショップ1号店として「auショップ八潮」をオープンする。
2007年9月
埼玉県越谷市に「ドコモショップせんげん台店」をオープンする。
2008年3月
株式会社ハヤブサドットコムとドコモ事業で業務提携をし、ドコモ本社契約広域代理店となる。
2008年7月
埼玉県さいたま市に「auショップ埼玉大学前」をオープンする。
2008年8月
埼玉県幸手市に「ドコモショップ幸手店」をオープンする。
2009年8月
アイジャパン株式会社は通信事業部門を分離独立し、アイコミュニケーション株式会社を設立する。
2012年8月
埼玉県越谷市に「auショップ新越谷」をオープンする。
2013年11月
埼玉県さいたま市に「ドコモショップ南浦和店」をオープンする。
2016年4月
千葉県木更津市に「ドコモショップイオンモール木更津店」をオープンする。
2017年6月
埼玉県さいたま市に「auショップイオンモール与野」、「UQスポットイオンモール与野」をオープンする。
2018年4月
2017年度 埼玉県経営品質協議会推進賞を受賞する。
2018年6月
神奈川県川崎市に「ドコモショップ生田府中街道店」をオープンする。
2019年3月
2018年度 埼玉県経営品質協議会優秀賞を受賞する。
2019年10月
「d stairs南浦和店(ドコモショップ南浦和店)」をオープンする。
2020年11月
埼玉県春日部市に「 ドコモショップイオンモール春日部店」をオープンする。
2020年11月
埼玉県健康経営実践事業所として認定される。
2021年3月
経済産業省 健康経営優良法人2021(大規模法人部門)として認定される。
1973年
医学博士 馬淵通夫先生がみどり会の活動の一環として「伊豆健康センターみどり会保養所」として創設。
1974年
東洋医学を駆使し病人を救っている医師としてNHKの番組に出演し全国に紹介される。
1979年
みどり会発足20周年を機に、現在の規模に施設規模を拡大。
1989年
馬淵先生のご逝去により、アイジャパン株式会社が運営を引き継ぐ。
2009年
宿泊棟の改築と増床新館オープン。健康施設として伊豆新聞1面で紹介される。
2010年
本館客室をリフレッシュ改装しオープン。
2012年
アイジャパン株式会社から分離独立し、アイウェルネス株式会社を設立。
  • アイグループ
  • アイジャパン株式会社
  • アイコミュニケーション株式会社
  • アイウェルネス

Copyright© Ai Group. All Rights Reserved.